Facebookの乗っ取り被害に合わないために。これだけはやっておきたい設定方法(スマホアプリ版)

こんにちは。長谷川亜由美です。

私の身近な方が、Facebookでアカウントの乗っ取りに合いました。

私はまだ乗っ取り経験はありませんが、いろいろ事後処理がめんどうな感じなので、できれば経験したくない!

ということで、ちゃんと設定はしてあるけれども、いまいちど見なおして確認をしました。

うん、ひととおり大丈夫な感じ。

私の周辺にも、意外と知らない方、やってない方がいると思うので

「乗っ取られたらどうしよう~」と、おびえる前に、最低限これだけはやっておきたい設定方法、ご紹介します。

(ただし、2016年5月1日時点の情報です)

日常的な基本としては・・・

面識のない人からの友だち申請をむやみに承認しないこと。

これ、地味ですけど、意外と大事です。

面識がないだけならまだしも、自分の友人の名前を語った、なりすましアカウントの場合もありますから。

顔写真もパクられているケースもありますし、名前と顔だけでは信用できない感じになってきちゃってます。

残念だけど。

なので、やたらに友だち申請を承認せず、目の前で申請してもらうとか、きちんとメッセージ・リクエストを確認してから承認するとか、慎重になったほうがいいと思います。

なぜなら、なりすましアカウントや、スパムアカウントを友だちにしてしまうことで、アカウントの乗っ取りが起きる危険度が高くなるからです。

詳しい乗っ取り手順に興味のある方は、ググってみてください。

設定目次

それでは、次の順序で、解説していきますね!

途中に出てくるスクリーンショットや、操作手順はすべて、iPhoneのFacebookアプリです。

読みながら進めていくのは、けっこうたいへんかもしれませんが・・・

一気にやってしまったほうがいいです。

所要時間は30分もあればじゅうぶんですね。

はじめに、セッションを終了させておく

もしかすると、あなたのアカウント、すでに乗っ取られているかもしれません!

自分以外の誰かが、ほかのスマートフォンやPCで、ログインしちゃっているかも・・・

こわ~い!

その可能性があるかどうか、次の手順で確認してみましょう。

1)Facebookアプリの右下にある「その他」をタップします。(赤い○で囲んだ部分です)

2)「設定」をタップします。(画面、下のほうにあります)

3)続いて「アカウント設定」をタップします。

4)設定画面が表示されたら「セキュリティ」をタップします。

5)やっとたどりつきました!「進行中のセッション」をタップします。

6)ここに表示されている「機器の種類」が、自分のものである確信がなければ「×」をタップして、セッションを終了しておきましょう。

これで、万一ほかの誰かがログインしていても、終了させることができます。

ここでやめてしまわずに、すぐにパスワードを変更しましょう。

パスワードの変更

パスワードの使い回しは絶対に危険です。

ほかの箇所で使っていないものに変更してください。

英数字、大文字小文字おりまぜて、10桁以上にしておきましょう。

でも「忘れちゃう~覚えられない~」という方。

その時点であなた、乗っ取りにあう危険度高です。

できないなら、Facebookをやめてしまってください。

あなただけじゃなく、周囲の人にも迷惑をかけてしまうかもしれませんからね。

では、パスワード変更方法です。1~3までは、セッション終了の動作と同じですので、スクリーンショットを省略します。

1)Facebookアプリの右下にある「その他」をタップします。

2)「設定」をタップします。(画面、下のほうにあります)

3)続いて「アカウント設定」をタップします。

4)設定画面が表示されたら「一般」をタップします。

5)次に「パスワード」をタップします。

6)現在のパスワード、新しいパスワードを入力したら、「パスワードを変更」ボタンをタップします。

ここでホッとせずに、勢いのまま次にいきますよ!

携帯電話番号の登録

すでに登録してある方は、飛ばしてかまいません。

次のセキュリティ設定に必要なので、まだの方は、携帯電話の番号を登録しておきましょう。

パスワード変更のときと同じように、設定画面を表示させていきます。

その他 → 設定 → アカウント設定 → 一般 → 電話番号 です。

私は、すでに番号を登録してしまっているので、画面が違うかもしれませんが、一応、場所を載せておきますね。

そして、ここで注意事項です。

・公開範囲

・電話番号検索の制限

この2点の設定も、やってしまいましょう。

まずは、公開範囲。

これは、あなたの電話番号を見られる人を決める方法です。

誰にも見られないようにすることも、可能です。

1)自分のタイムラインから「基本データを更新」をタップします。

2)連絡先情報のエリアから「編集」をタップします。

3)電話番号の横にあるボタンをタップして、公開範囲を選びます。私は「自分のみ」を選んでいます。

4)次は、電話番号で検索されてもいい範囲を設定します。電話番号で友だちを探せる、便利な機能ではありますが、セキュリティ的にはできるだけ公開範囲を狭くしておくことを、オススメします。

まずは

その他 → 設定 → アカウント設定 → プライバシーを順にタップします。

5)「電話番号を使って私を検索できる人」をタップします。

6)公開範囲を「友達」にして、終了です。

やっと折り返しですよ~!

安全とは、道のりが長いものですね。

ログイン承認オンにして、2段階認証を設定

ふだん使っているスマートフォンやPC以外で、Facebookにログインしようとしたときに、セキュリティコードを必要とする仕組みです。

通常、パスワードを1回だけ入力してログインすると思いますが、セキュリティコードを入れることで2段階認証となります。

1)その他 → 設定 → アカウント設定 → 一般 → セキュリティ と、順に進みます。

2)「ログイン承認オン」にチェックを入れます。

3)「設定をスタート」をタップします。

4)「次へ」をタップします。

5)携帯電話宛に、SMSで届いたコード番号を入力し「次へ」をタップします。

6)「閉じる」をタップして終了です。

今後、はじめてログインする端末やブラウザでは、コードの入力を求められます。

その際に必要になるのが、コードジェネレータです。

どこにあるか、あらかじめ確認しておきましょう。

その他 → コードジェネレータ です。

ここに表示されるコードを入力することで、ログインが可能になります。

さぁ、いよいよ最終段階です!

信頼できる連絡先

あらかじめ、本当に信頼できる人を登録しておきます。

もしパスワードを忘れてしまった場合には、この人達の助けを借りることになります。

ですから、そういう連絡をしても、差し支えのない関係性の方を登録しましょう。

3~5人の友人が必要です。

1)その他 → 設定 → アカウント設定 → セキュリティ と進んだら

「信頼できる連絡先」をタップします。

あとは、手順のとおりに進めてみてください。

ここまでたどりつけたあなたなら、カンタンです。

ログインアラートの設定

通常使っているスマホ以外の端末やブラウザからFacebookにログインしたことを知らせてくれる機能です。

自分がログインしたのでなければ、それは乗っ取りかもしれませんから、確認するにこしたことはないですね。

万一乗っ取りだった場合でも、できるだけ早く手を打つことが可能になります。

1)その他 → 設定 → アカウント設定 → セキュリティ と進んだら

「ログインアラート」をタップします。

2)次の画面で「お知らせ」をオンにします。

私は、お知らせ通知も、メールでの連絡も「オン」にしています。

終わりに

これで、すべての設定は完了です。

おつかれさまでした!!

1度やっておけば、絶対に安心・安全! 乗っ取られない! ということはありませんが

何もしないよりは、セキュリティレベルが上がります。

自宅の鍵を開けっ放しで外出するのと、鍵が2重にかけられているぐらいの違いはありますよね。

私は、スマートフォン2台、PCが4台、そしてそれぞれ複数のブラウザを使っています。

となると、ログインするときは、毎回2段階認証になるため、けっこう面倒くさいです。

(毎回にしない方法もありますが、そうするとセキュリティレベルが下がります)

スマホをなくしてしまうと、コードジェネレータによるセキュリティコードの生成ができず、結果、ほかの端末からはログインできないですし・・・

しかし、多少の不便は我慢しなくちゃですね。

ただ、以前はPCからしか設定できなかったことが、アプリでできるようになっているので、それだけでも進化かなと思っています。

ゴールデンウィークのお休み中に、ゆっくり設定してみてくださいね。

わからないときは、Facebookのヘルプセンターへ。
https://www.facebook.com/help/

ページ上部へ戻る