【実録】Twitterでなりすましアカウントを発見!通報から凍結まで

こんにちは、長谷川亜由美です。

2009年の12月からやっているTwitter。

先日、初めてのなりすまし被害にあいました!

Twitter歴7年目にして、初体験です。

まぁ、実害出たわけではないので被害というほどのことではないんですが、私の名前と写真を使って、私のフォロワーさんたちを次々とフォローしていく行為は、迷惑以外の何者でもないですよね。

たまたま、フォロワーさんが教えてくれて気が付きました。

これが、私のなりすましアカウント。

こっちが私の本当のアカウント。

パッと見ただけなら、違いなんかわかりませんよね~。

なかなかできない経験でしたので、なりすましアカウントを凍結に追い込むまでの手順など、記しておきたいと思います。

まずは、メンションで話しかけてみた

望みは薄かったですが、アカウントを削除してもらおうと思い、直接話しかけてみました。

もちろん、レスなし。

自分も含めて、知人にもブロックしてもらうことでTwitter社にスパム報告

スパム報告の意味もあるブロックが連続すれば、手続きが早いと噂にきいたことがあるので、知人にスパムブロックを呼びかけました。

Twitter社に報告

こちらのフォームから、Twitter社に、なりすましアカウントとして報告しました。
https://support.twitter.com/forms/impersonation

すると、こんなメールが届きましたので

指示どおり、身分証明書の写真をとって、アップロードしました。

数時間後、凍結

1,2時間後だったかと思いますが、該当のなりすましアカウントを表示させようとすると、アカウント凍結の表示が出ました。

無事凍結!

意外と素早く片付きましたね。

複数の方が、スパム報告の協力をしてくれたおかげだと思っています。

3日後・・・

Twitter社から、メールがきましたが、的を射てない・・・

時間差なんでしょうけどね、なんか私がおかしいみたいじゃないですか。

まぁいいけど。

私のなりすましなんかしても、なんのメリットもないと思うのですが、いったい何をしたかったのでしょうね。

謎です。

以上、Twitterでなりすましアカウントを見つけた時の対処法でした。

ページ上部へ戻る