せっかく貧乏は、さらなる貧乏を呼ぶ法則

こんにちは。長谷川亜由美です。

ホームページリニューアルの打ち合わせの際

「せっかく作ったホームページだから、いまのまま、なんとか活かしたいんですよね」

と、言われることがあります。

でも、活かせていない理由がありますよね?

その理由、わかってますか?

と、おたずねすると

だいたい・・・わかっていらっしゃらないです。

たとえば、大金をかけて英会話スクールに通ったとしましょう。

でもなんか続かない。

でも、せっかく払ったし通わないと損だから、行かないと。

もうね、この時点でやめてしまったほうがいいです。

だって、続かない理由がちゃんとあるはずだから。

・通ってみたけどつまらない
・ホントはそれほど英会話に興味がない
・別に覚えられなくても死ぬことはない

つまり「本気」じゃない。

なのに、せっかく払った受講料のためだけに、さらにムダな時間を費やすのは、もっともっと無駄遣いになると思いませんか?

いったん払ってしまったものは、その時点ですぐに減価償却したものと思ったほうがいいです。

これじゃぁダメだった、っていうことがわかったのですから、完全なムダにはなっていません。

それよりも、新しい可能性にチャンレンジしたほうが結果的にトクです。

やめることで、捨てることで、新たな時間が生まれます。

時間は無限ではないのですし。

せっかくだから、せっかくだから、せっかくだから。

そう言い続けていると、使った金額にばかり意識がいってしまい、もっと大事なことを見失ってしまいます。

これが「せっかく貧乏」です。

せっかく作ったホームページでも、いらないとわかったら潔く捨ててほしい。

老朽化した建物をだましだまし使うようなことをしても、貴重な財産がついえるのを先延ばしにしているだけです。

だからこそ、せっかく貧乏にならないようなホームページをつくり、育てましょう。

そのためにやらなければいけないことは、実にシンプルなことばかり。

それをすっとばして、形ばかり追い求めるから、結果「せっかく貧乏」が生まれるんです。

せっかく作ったんだから使わなきゃ、じゃなくって、ちゃんと使えるものをつくるべき。

(もちろん、継続する努力も必要だけど)

あなたはせっかく貧乏になっていませんか?

関連投稿

ページ上部へ戻る