伝達メモを書くときに意識すること

こんにちは。長谷川亜由美です。

仕事をしているとき

ふと、1枚のメモが目にとまりました。

「しおくりこんぶ」

と、書かれたそのメモは

まぎれもなく、私が書いたものなのですが

仕送り昆布? って、いったいなんだろう?

忘れっぽい私は、買い物に行くとき

必ず、買うものをメモしていくので

おそらく、必要なんでしょうね、仕送り昆布が。

仕送り昆布

しおくりこんぶ、しおくりこんぶ・・・

しばし考え・・・

わかりました。

塩 栗 昆布

でした。

漢字なのか、ひらがななのか、それだけで伝わる意味が変わってしまいますよね。

今回は、自分あての、それもたいしたメモではありませんでしたが

これが社内での大事な連絡だったら、と思うとドキっとします。

通常は、以下のような点を意識した、伝達メモを書く必要がありますね!

・ひらがなにするか、漢字にするか(どちらが伝わりやすいか)
・どこで、句読点を打つか(打つ場所によって意味がかわらないか)
・できるだけ箇条書きに

読む人が理解できるか? が、メモの役割ですから。

関連記事

  1. 中身だけじゃなく見た目も気を使いたいのがブログです

  2. 感無量って、どういう意味で、どんなときに使うの?

  3. 自己満足すぎて伝わらないコピー事例

  4. できるあいさつと、できないあいさつの違いとは

  5. 年賀状。出していない方から受け取ったらどうする?

  6. 「わかりやすい」話だけで、講義内容が本当に身に付くとおもいますか?

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿