ハンガーとアイロン、どっちのこと?

こんにちは。長谷川亜由美です。

家族間の会話で、いろんなことが省略されるのは、我が家だけではないと思いますが。

今朝、こんなコミュニケーションのすれ違いがありました。

息子「おかーさん、ワイシャツかかってる?」

ワタシ「かかってるよ」

息子「かかってねーよ」

ワタシ「かかってるじゃん!」

息子「どこがだよ」

ワタシ「それをいうなら、どこに でしょ! そこにかかってるじゃん!」

息子「オレが言ってるのは、アイロンのことだ!」

・・・なるほど、私は、ハンガーに「かかっている」ととらえたのですが

息子は、アイロンが「かかっているか」と、聞いていたのでした。

家族だから、目的語とか、主語が省略されても、ほとんどの会話は成立するのですが

このように、意味の取り違えが起こることもあるんですね。

仕事上では、これは、大きなミスを引き起こす可能性を考えると

正しく正確に伝えることができるスキルは、やっぱり重要だなと感じた出来事でした。

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
webと文章のコンサルタント/ホームページのつくりなおし専門家
株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役

ホームページと文章のことなら、まるっとお任せください。伝わるプロフィールや、心に響く文章をあなたに代わって作り上げます。文章指導・添削が得意。運気上げ文章術オンライン講座を開催中。

関連記事

  1. ここがダメだよ、あなたの名刺! わかりにくいことは「罪」って本当ですか…

  2. 飲食店で、思わず注文したくなるネーミングって?

  3. 年賀状。出していない方から受け取ったらどうする?

  4. 個人ブランド。はじめの一歩とは?

  5. 【メールの書き方】仕事ができない人のメール

  6. こういう人にも読んで欲しい。前田めぐるさんの『ソーシャルメディアで伝わ…

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿