「縁(えん)」に隠れたスゴさ

こんにちは。長谷川亜由美です。

という漢字には、以下のような読み方があります。

えん

えに

えにし

ゆかり

よすが

そして、これらを英訳したものに、適当なものがあるようには思えません。

たとえば・・・

めぐりあわせ = a chance

前世の縁 = destiny

夫婦の縁を切る = get a divorce

などなど。

私は、ここ数日、人との縁を強く感じました。

それは、言葉では言い表せないようなもの。

言葉には意味があるし、意味は必要だけど

しっくりこない言葉におきかえるのは、無意味なことのように思いました。

(縁をムリに、英語にしなくても)

日本語って、本当に奥深いものですね。

関連記事

  1. 重なると読みにくくなる一例 巷で見つけた気持ち悪い文章

  2. こういう人にも読んで欲しい。前田めぐるさんの『ソーシャルメディアで伝わ…

  3. 小田順子さん著書『言いたいことが確実に伝わるメールの書き方』

  4. モテるブログの書き方とは

  5. 年賀状。出していない方から受け取ったらどうする?

  6. 最後まで読まれるブログにする、はじめの一歩

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿