「縁(えん)」に隠れたスゴさ

こんにちは。長谷川亜由美です。

という漢字には、以下のような読み方があります。

えん

えに

えにし

ゆかり

よすが

そして、これらを英訳したものに、適当なものがあるようには思えません。

たとえば・・・

めぐりあわせ = a chance

前世の縁 = destiny

夫婦の縁を切る = get a divorce

などなど。

私は、ここ数日、人との縁を強く感じました。

それは、言葉では言い表せないようなもの。

言葉には意味があるし、意味は必要だけど

しっくりこない言葉におきかえるのは、無意味なことのように思いました。

(縁をムリに、英語にしなくても)

日本語って、本当に奥深いものですね。

WordPressテーマ「BRIDGE(TCD049)」

関連記事

  1. セミナー「話す」と「聞く」の極意 5つのL(エル)

  2. 統一してくれたほうがわかりやすい震災の名称

  3. お盆明けっていつですか?

  4. 【メールの書き方】返事がこない! そのときあなたは?

  5. 反応に困ったときに使える魔法の言葉

  6. 送信者へ、愛が伝わるビジネスメールの書き方

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿