「縁(えん)」に隠れたスゴさ

こんにちは。長谷川亜由美です。

という漢字には、以下のような読み方があります。

えん

えに

えにし

ゆかり

よすが

そして、これらを英訳したものに、適当なものがあるようには思えません。

たとえば・・・

めぐりあわせ = a chance

前世の縁 = destiny

夫婦の縁を切る = get a divorce

などなど。

私は、ここ数日、人との縁を強く感じました。

それは、言葉では言い表せないようなもの。

言葉には意味があるし、意味は必要だけど

しっくりこない言葉におきかえるのは、無意味なことのように思いました。

(縁をムリに、英語にしなくても)

日本語って、本当に奥深いものですね。

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
webと文章のコンサルタント/ホームページのつくりなおし専門家
株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役

ホームページと文章のことなら、まるっとお任せください。伝わるプロフィールや、心に響く文章をあなたに代わって作り上げます。文章指導・添削が得意。運気上げ文章術オンライン講座を開催中。
WordPressテーマ「BRIDGE(TCD049)」

関連記事

  1. 気になる文章。元旦は、朝11時から営業します

  2. 「わかりやすい」話だけで、講義内容が本当に身に付くとおもいますか?

  3. 自分を変えたい、変わりたいと思うなら、まずこれをやろう!

  4. 「お名前様をよろしいですか?頂けますか?」は正しいの?

  5. 伝達メモを書くときに意識すること

  6. 新入社員が唯一知っておきたい、ビジネスメールの書き方とは

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿