心のこもっていない、レジでの挨拶。していませんか?

こんにちは。長谷川亜由美です。

「ありがとうございました。いらっしゃいませ~」

忙しいのはわかります。

次々に、さばいていかないと、レジにお客様が並んでしまうのもわかります。

でも、でもね。

「ありがとうございま」ぐらいから

気持ちをすでに、次のお客さまに向けられてしまうのは

ふられた気分で、かなしいです。

最後まで、私を見て!

そして、一呼吸おいてから

次の方に「いらっしゃいませ」と言ってほしいです。

丁寧な所作とは「間(ま)」にあると思うのです。

たかが定型文と思わずに、心を込めるだけで、お客様の「またこの店に来たい」という気持ちを駆り立てることができるかもしれません。

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
webと文章のコンサルタント/ホームページのつくりなおし専門家
株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役

ホームページと文章のことなら、まるっとお任せください。伝わるプロフィールや、心に響く文章をあなたに代わって作り上げます。文章指導・添削が得意。運気上げ文章術オンライン講座を開催中。

関連記事

  1. ちょっと気持ち悪い文章『ご興味のあられる方』

  2. 気になる単語。「年賀状」

  3. 感無量って、どういう意味で、どんなときに使うの?

  4. 「お名前様をよろしいですか?頂けますか?」は正しいの?

  5. ちょっと気持ち悪い文章「送料は、ご質問して頂ければ正確な送料をお知らせ…

  6. 気になる言葉「レシートをご利用ですか?」

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿