ちょっと気持ち悪い文章『お返しのほうが105円のお返しになります』

こんにちは。長谷川亜由美です。

またまた、コンビニのレジで聞いてしまいました。

「お返しのほうが105円のお返しになります」

なぜこんなにも、誤った接客トークがはびこるのでしょうか。

まず「お返しのほう」の「ほう」は、不要です。

「ほう」というのは、方角を示したり、いくつかある中のひとつ、という意味合いのときに使います。

例:南のほうです。東のほうです。

例:あそこに並んでいるのより、こっちのほうが好きですね。

次に「お返しになります」の「なります」がNGです。

「なる」とは、成長してなにかに「なる」というときに使います。

例:来年で、20歳になります。

ですから「こちら、ハンバーグになります」とは

いつか、ハンバーグに成長しますよ、という意味になってしまいます。

残念ながら、丁寧なつもりで言っている「なります」は、敬語として成立していません。

アナウンサーの方でも、最近多いですね、なりますを使う方。

「こちらは、事件の起きた●●ビルの前になります」とか。

基本的に「です」でOKで

丁寧にしたいなら「ございます」を、使えばいいんです。

つまり、「お返しのほうが105円のお返しになります」を、もっとシンプルな敬語にしてみると・・・

105円のお返しです。

105円をお返しします。

お釣りは105円でございます。

これでOK! ということです。

スッキリしていて、わかりやすいですよね。

関連記事

  1. 反応に困ったときに使える魔法の言葉

  2. 肩書を、絞りきれない女たち

  3. 『誰も教えてくれなかった公務員の文章・メール術』のオススメポイント

  4. マイミクという言葉のスゴさ、友達という言葉の軽さ

  5. 感無量って、どういう意味で、どんなときに使うの?

  6. 飲食店で、思わず注文したくなるネーミングって?

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿