ちょっと気持ち悪い文章『お返しのほうが105円のお返しになります』

こんにちは。長谷川亜由美です。

またまた、コンビニのレジで聞いてしまいました。

「お返しのほうが105円のお返しになります」

なぜこんなにも、誤った接客トークがはびこるのでしょうか。

まず「お返しのほう」の「ほう」は、不要です。

「ほう」というのは、方角を示したり、いくつかある中のひとつ、という意味合いのときに使います。

例:南のほうです。東のほうです。

例:あそこに並んでいるのより、こっちのほうが好きですね。

次に「お返しになります」の「なります」がNGです。

「なる」とは、成長してなにかに「なる」というときに使います。

例:来年で、20歳になります。

ですから「こちら、ハンバーグになります」とは

いつか、ハンバーグに成長しますよ、という意味になってしまいます。

残念ながら、丁寧なつもりで言っている「なります」は、敬語として成立していません。

アナウンサーの方でも、最近多いですね、なりますを使う方。

「こちらは、事件の起きた●●ビルの前になります」とか。

基本的に「です」でOKで

丁寧にしたいなら「ございます」を、使えばいいんです。

つまり、「お返しのほうが105円のお返しになります」を、もっとシンプルな敬語にしてみると・・・

105円のお返しです。

105円をお返しします。

お釣りは105円でございます。

これでOK! ということです。

スッキリしていて、わかりやすいですよね。

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
ホームページのつくりなおし専門家 株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役 表現が不得意な方の言葉にならない思いを言語化するサイト制作とプロフィールの執筆が得意。運気上げ文章術の伝授がマイブーム。

関連記事

  1. 文章の書き方を習っても上達しないホントの理由

  2. 中身だけじゃなく見た目も気を使いたいのがブログです

  3. 感無量って、どういう意味で、どんなときに使うの?

  4. 遅咲き過ぎてなにが悪い!吉開りりぃに学ぶ七転び八起き

  5. ちょっと気持ち悪い文章「送料は、ご質問して頂ければ正確な送料をお知らせ…

  6. こんなラブレターはいらない

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿