「何を書くか」よりも大事なこととは?

こんにちは。長谷川亜由美です。

個人のブログやツイッター。何を書いても自由かもしれません。

でも、私は、こういう文章を読むと

自分に無関係なのに、すごく気分が悪くなってしまいます。

「今日はフランス料理でランチミーティング。おいしいワインを飲みたいけど、このあとクライアントとアポがあるんですよね~。残念だけど飲めません!仕事がなければよかった~」

どっちが大事なの? みたいな・・・・

もし、お客様がこの文章を読んだら

「だったら、こなくていいよ」と、思うはず。

もう少し、気遣いがあってもいいですよね、ビジネスパーソンなら。

文章は、書いた人のものではなく、受け取った人のもの。

相手がどう捉えたか? がすべてです。

だからこそ、何を書くかより、何を書かないか は、もっと大事なのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
ホームページのつくりなおし専門家 株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役 表現が不得意な方の言葉にならない思いを言語化するサイト制作とプロフィールの執筆が得意。運気上げ文章術の伝授がマイブーム。

関連記事

  1. ちょっと待った!メールの返事を催促する前に読んでください

  2. 最後まで読まれるブログにする、はじめの一歩

  3. 資格名称は捨てなさい

  4. 気になる送り仮名。「承ます」

  5. 飲食店で、思わず注文したくなるネーミングって?

  6. 文章がわかりにくい、わかりにくいと言われます。なぜでしょうか?

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿