「何を書くか」よりも大事なこととは?

こんにちは。長谷川亜由美です。

個人のブログやツイッター。何を書いても自由かもしれません。

でも、私は、こういう文章を読むと

自分に無関係なのに、すごく気分が悪くなってしまいます。

「今日はフランス料理でランチミーティング。おいしいワインを飲みたいけど、このあとクライアントとアポがあるんですよね~。残念だけど飲めません!仕事がなければよかった~」

どっちが大事なの? みたいな・・・・

もし、お客様がこの文章を読んだら

「だったら、こなくていいよ」と、思うはず。

もう少し、気遣いがあってもいいですよね、ビジネスパーソンなら。

文章は、書いた人のものではなく、受け取った人のもの。

相手がどう捉えたか? がすべてです。

だからこそ、何を書くかより、何を書かないか は、もっと大事なのではないでしょうか。

WordPressテーマ「BRIDGE(TCD049)」

関連記事

  1. 新入社員が唯一知っておきたい、ビジネスメールの書き方とは

  2. ちょっと気持ち悪い文章『個人情報流出の可能性』

  3. 自分だけがわかっている、メルマガ解除を促す記述

  4. 心のこもっていない、レジでの挨拶。していませんか?

  5. 気になる送り仮名。「承ます」

  6. 【メールの書き方】文字数よりも大事なものは?

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿