「何を書くか」よりも大事なこととは?

こんにちは。長谷川亜由美です。

個人のブログやツイッター。何を書いても自由かもしれません。

でも、私は、こういう文章を読むと

自分に無関係なのに、すごく気分が悪くなってしまいます。

「今日はフランス料理でランチミーティング。おいしいワインを飲みたいけど、このあとクライアントとアポがあるんですよね~。残念だけど飲めません!仕事がなければよかった~」

どっちが大事なの? みたいな・・・・

もし、お客様がこの文章を読んだら

「だったら、こなくていいよ」と、思うはず。

もう少し、気遣いがあってもいいですよね、ビジネスパーソンなら。

文章は、書いた人のものではなく、受け取った人のもの。

相手がどう捉えたか? がすべてです。

だからこそ、何を書くかより、何を書かないか は、もっと大事なのではないでしょうか。

関連記事

  1. 私の心を撃ち抜いたお礼状の話

  2. 新入社員のための、タメになる日本語講座

  3. セミナー「話す」と「聞く」の極意 5つのL(エル)

  4. 資格名称は捨てなさい

  5. あなたは、曖昧なプロポーズにYesを言えますか?

  6. ブログを書くなら、読者のために「ここ」にも気を使って!

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿