「何を書くか」よりも大事なこととは?

こんにちは。長谷川亜由美です。

個人のブログやツイッター。何を書いても自由かもしれません。

でも、私は、こういう文章を読むと

自分に無関係なのに、すごく気分が悪くなってしまいます。

「今日はフランス料理でランチミーティング。おいしいワインを飲みたいけど、このあとクライアントとアポがあるんですよね~。残念だけど飲めません!仕事がなければよかった~」

どっちが大事なの? みたいな・・・・

もし、お客様がこの文章を読んだら

「だったら、こなくていいよ」と、思うはず。

もう少し、気遣いがあってもいいですよね、ビジネスパーソンなら。

文章は、書いた人のものではなく、受け取った人のもの。

相手がどう捉えたか? がすべてです。

だからこそ、何を書くかより、何を書かないか は、もっと大事なのではないでしょうか。

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
webと文章のコンサルタント/ホームページのつくりなおし専門家
株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役

ホームページと文章のことなら、まるっとお任せください。伝わるプロフィールや、心に響く文章をあなたに代わって作り上げます。文章指導・添削が得意。運気上げ文章術オンライン講座を開催中。

関連記事

  1. 新入社員のための、タメになる日本語講座

  2. 「こちら、レシートになっております」は、正しい敬語?

  3. 「縁(えん)」に隠れたスゴさ

  4. ちょっと気持ち悪い文章「送料は、ご質問して頂ければ正確な送料をお知らせ…

  5. 小田順子さん著書『言いたいことが確実に伝わるメールの書き方』

  6. ネットショップさんは、なぜ悪文の宝庫なのか?

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿