小田順子さん著書『言いたいことが確実に伝わるメールの書き方』

こんにちは。長谷川亜由美です。

小田順子さんの著書

言いたいことが確実に伝わるメールの書き方』を読みました。

手にとってすぐ
「うわぁ、すごいボリューム!」
と思いました。

読みはじめると、さらにその思いは増し

「小田さん、かゆいところに手が届く本書いちゃったなぁ~」

というのが、正直な感想です。

さまざまな、ケーススタディが盛り込まれているので

ビジネスシーンの文例辞典としても重宝しそうです。

Twitterの投稿などでは

「ビジネスメールって難しい」

「ビジネスメールって、ほんとめんどくさい」

といったものが、けっこう目に付きます。

そうなんですよね、難しいし、めんどうです。

何度も何度もやりとりをしないと、わかってもらえなかったり

メール作成に時間ばかりかかって、疲れ果ててしまったり。

でもそれは、正しいお作法を知らないからです。

かといって、ルールだけ守ればいいかというと、そうでもない。

私が、ビジネスメールにおいて、もっとも大切だと思っているのは

相手への思いやりです。

読む人を無視した書き方をするから

伝わらないし、意思疎通ができないんです。

だから、思いやりをもったうえで、

ちゃんとお作法を守ったメールを書けば

「ビジネスメールって難しい」

「ビジネスメールって、ほんとめんどくさい」

こういった悩みは、ほぼ解決できるので

毛嫌いせずに、チャレンジしてみてほしいですね。

関連記事

  1. ちょっと待った!メールの返事を催促する前に読んでください

  2. できるあいさつと、できないあいさつの違いとは

  3. 文章がわかりにくい、わかりにくいと言われます。なぜでしょうか?

  4. シンプルに生きるための3つのガイドライン

  5. ハンガーとアイロン、どっちのこと?

  6. わかりやすい文章が書けるようになりたい方にお薦めする本10冊

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿