こんなラブレターはいらない

こんにちは。長谷川亜由美です。

たとえばですけど、こんなラブレターをもらったら

あなたは、どう思いますか?

僕は、あなたのことが好きになってしまいました。
どうかこれからも仲良くしてください。

愛しています。

ところで、これは僕が売っている、お鍋のセットです。
http://

よかったらつかってみませんか?
もちろん、お安くしておきますよ。

これ、完全に売り込みのメールですよね。

ラブレターではない。

愛の告白と、鍋の売り込み、どっちが主目的かといったら

私には、鍋の売り込みだと思えるんですよね。

相手が、どう考えているかはともかくとして

文章は書いた人のものではなく、受け取った人のものだと思っているので。

こんなメール、ありえないでしょう!

と、思ったあなた。

あなたもやってませんか?

ついでのご連絡みたいなこと。

セミナーに参加して

名刺交換をした方に

お礼のメールを送りながら

交流会やセミナーに誘うみたいなこと。

お礼なら、お礼だけにとどめてほしいんですよね。

最後のついでのご案内が余計だし、ホント興ざめです。

署名欄とかにのせておいてくれれば、勝手に見るし

興味があれば自分から連絡します。

もしくは、案内のメールは案内のメールとして、送り直してください。

とにかく、今私が言いたいのはこれ。

ワンメール、ワンメッセージでいこうよ!

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
webと文章のコンサルタント/ホームページのつくりなおし専門家
株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役

ホームページと文章のことなら、まるっとお任せください。伝わるプロフィールや、心に響く文章をあなたに代わって作り上げます。文章指導・添削が得意。運気上げ文章術オンライン講座を開催中。

関連記事

  1. ちょっと待った!メールの返事を催促する前に読んでください

  2. 最後まで読まれるブログにする、はじめの一歩

  3. 中身だけじゃなく見た目も気を使いたいのがブログです

  4. 私の心を撃ち抜いたお礼状の話

  5. 伝達メモを書くときに意識すること

  6. 誰にでも伝わる文章の書き方とは

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿