送信者へ、愛が伝わるビジネスメールの書き方

こんにちは。長谷川亜由美です。

自分に届いたメールのはずなのに、なんとなく距離を感じることってありませんか?

いわゆる「コピペ」の文章で

自分以外の人にも送っているよねっていうことが、すぐにわかってしまうメール。

メルマガや、特定の人たちに一斉に送信されているものなら

受け取る側もそういうものだ、と思って読みますけど

あきらかに個人的に送られてきたメールの文面に、愛を感じないのは、さびしすぎます。

大多数のうちの一人として扱われた・・・

みたいな空気感を味わってしまうと、気勢をそがれますね。

たくさんの方にお送りするときなど、本文はコピペだったとしても

せめて、書き出しと追伸ぐらいは、パーソナルな言葉を入れたいものです。

というか、入れてほしい。

私は、あなたとワントゥワン(一対一の関係)ですよ

あなただけを見ていますよ という隠されたメッセージにこそ、

心を動かされるものだと思います。

いくら文章がじょうずでも、「あなたは私を見ていない」といった空気って

不思議と感じるものです。

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
ホームページのつくりなおし専門家 株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役 表現が不得意な方の言葉にならない思いを言語化するサイト制作とプロフィールの執筆が得意。運気上げ文章術の伝授がマイブーム。

関連記事

  1. 統一してくれたほうがわかりやすい震災の名称

  2. シンプルに生きるための3つのガイドライン

  3. 小田順子さん著書『言いたいことが確実に伝わるメールの書き方』

  4. ちょっと気持ち悪い文章「送料は、ご質問して頂ければ正確な送料をお知らせ…

  5. 「アラフォー」と「女子会」という言葉の便利さについて

  6. 気になる言葉「レシートをご利用ですか?」

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿