中身だけじゃなく見た目も気を使いたいのがブログです

こんにちは。長谷川亜由美です。

私はブログを読むのが大好きで、ひまさえあればスマホで誰かのブログを読んでいます。

情報収集という意味もありますが、表現手法の研究がおもな理由です。

わかりにくいなぁと感じたり、逆に読みやすさを感じたら、なぜそう感じたのか原因を見つけます。

これはいいなぁ、マネしたいなーと思うものもあれば、当然ですがマネしたくない!と思うものもあります。

そして、自分なら同じ題材をどう書くか? アタマの中でシミュレーションしたりするわけです。

これは、文章力のことだけではなく、読みやすい行間や、文字サイズ、色・・・そういった見え方(デザイン)も含みます。

そこで、これだけは無理!と思ったのをひとつご紹介しようと思ったら、優劣つけがたいので、3つ紹介しちゃいます。

1.へんなところで改行されてる

意味がアタ
マに入
ってこないんで
すよね

↑ こういうの。

2.多色づかい

赤、青、緑、ピンク、黒・・・

いったいどれがメインなのかわからないぐらい、色がついた文字のパレード。

3.全部太字

太字って、強調したいところだけに使うものだと思っているので、本文全体が太字に設定されていると圧迫感を感じて、拒否反応が出ます。

いくらいいことを書いていても。

人間でも一緒だと思うんですよね。

どんなにいいことを言っていても、その人の見た目が残念な感じだと、信用できません。

せっかくいいことを書くなら、文章の中身だけでなく、見た目にも気を使うといいのになーと、密かに思っています。

文章は読んでくださる方へのギフトですから、思いやりを大事にしたいものですね。

無料メルマガ あゆめーるを読んでみませんか?

あゆめーるは、3のつく日と8のつく日、月に6回の発行です。不定期で発行をお休みすることがあります。

私の30年のビジネス経験や、日々のお客様との関わりの中から得た知恵やネタ、つまり「ビジネスヒント」を、私の視点でお伝えしています。

と言いつつ、一番多いのは、日本のドラマから得たネタです。ドラマはネタの宝庫です!

おもに、自分のビジネスをより良くしたい方に向けて、書いていますが、これをしたら売上が上がる! 集客に有効!のような、直接的なノウハウは、得にくいと思います。

それより、自分のことにあてはめたら、この話をどう活かせるのか?

そんなふうに、想像力を働かせてお読みいただくことをオススメします。

情報は与えられて鵜呑みにするだけではダメです。

その情報をどう使うかは、すべて自分次第ですから。



投稿者プロフィール

長谷川亜由美
ホームページのつくりなおし専門家 株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役 表現が不得意な方の言葉にならない思いを言語化するサイト制作とプロフィールの執筆が得意。運気上げ文章術の伝授がマイブーム。

関連記事

  1. ここがダメだよ、あなたの名刺! わかりにくいことは「罪」って本当ですか…

  2. 伝達メモを書くときに意識すること

  3. 重なると読みにくくなる一例 巷で見つけた気持ち悪い文章

  4. 年賀状。出していない方から受け取ったらどうする?

  5. 統一してくれたほうがわかりやすい震災の名称

  6. 「何を書くか」よりも大事なこととは?

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿