新入社員が唯一知っておきたい、ビジネスメールの書き方とは

こんにちは。長谷川亜由美です。

4月に入社したばかりの新入社員のみなさんの中には、慣れないビジネスメールに右往左往している方もいらっしゃるでしょう。

ビジネスメールに関する書籍を手にとったり、ネットで調べたりするかもしれませんが

覚えることがありすぎて、ホント、社会人って大変ですよね。

でも、もしあなたが、誰からも「仕事ができるな、こいつ!」と思われたいならば

そのためのメールの書き方は、たったひとつしかありません。

それは

メールの返事を、とにかく早く送ることです。

受け取ったらすぐに!

それはもう、相手が受け取るインパクトはです。

メールの返事が早いだけで、仕事ができる人だと印象づけることができます。

なぜなら、たいていの人は、メールに即レスしません。

だからこそ、即レスの人は、重宝がられます。

何日も返事を送ってこない人は、信用されなくなりますし、相手もイライラします。

催促するのも、けっこうなストレスですしね。

もし、すぐに返答できないような内容だったとしても

「受け取りました」

「調査してから、明日までに再度ご連絡いたします」

という、返事を返すだけで、かなりの好印象です。

仕事の出来具合よりも、レスポンスの速い人のほうが、頼られる傾向にあります。

ぜひ、心がけてみてくださいね。

これから読むならこちらがオススメ。
 

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
ホームページのつくりなおし専門家
株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役

表現が不得意な方の言葉にならない思いを言語化するサイト制作とプロフィールの執筆が得意。運気上げ文章術の伝授がマイブーム。

関連記事

  1. 個人ブランド。はじめの一歩とは?

  2. 『誰も教えてくれなかった公務員の文章・メール術』のオススメポイント

  3. ちょっと気持ち悪い文章『ご興味のあられる方』

  4. 年賀状。出していない方から受け取ったらどうする?

  5. 小川晶子さん著書『文章上達トレーニング45』

  6. バリウザメールの書き方

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿