放射線と放射能 どうちがうの?

こんにちは、長谷川亜由美です。

福島の原発のことで、疑問がわいたので調べてみました。

放射線と放射能 は、どうちがうのか?

「放射線」は、光の仲間です。放射線を出す能力を「放射能」といい、放射線を出す物質を「放射性物質」といいます。

電気事業連合会のHPより引用
http://www.fepc.or.jp/learn/houshasen/houshanou/

放射能とは、放射線を出す「能力」のこと。

なんとなくわかったようなわからないような。

さらに「放射性物質」という言葉まで加わり、ますます複雑になってきましたよ。

放射能、放射線、放射性物質。この3つの違いを電灯に例えると、「放射線」は懐中電灯の光、「放射能」は懐中電灯の光を出す能力のこと。そして懐中電灯は「放射性物質」ということになります。

電気事業連合会のHPより引用
http://www.fepc.or.jp/learn/houshasen/houshanou/

なるほど。こちらの例え話のほうが、断然わかりやすい。

子どもに説明するときにも役立ちます。

例え話のじょうずな人は、説明じょうずですから、見習いたいですね!

関連記事

  1. 気になる文章。元旦は、朝11時から営業します

  2. 【メールの書き方】返事がこない! そのときあなたは?

  3. セミナー「話す」と「聞く」の極意 5つのL(エル)

  4. 統一してくれたほうがわかりやすい震災の名称

  5. 『誰も教えてくれなかった公務員の文章・メール術』のオススメポイント

  6. 個人ブランド。はじめの一歩とは?

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿