【メールの書き方】文字数よりも大事なものは?

こんにちは。長谷川亜由美です。

メールは短ければ短いほどいい。

みたいなことを、たまに見たり聞いたりするんですけど、私は違うと思います。

相手に伝わるように書くために、絶対的に必要な文字数というのは

内容によって違うはずなんです。

短くしよう短くしようと思って、大事なことをけずってしまうのは本末転倒。

必要なことが伝わらず、何度もメールがいったりきたりするのもストレスです。

大事なのは、文字数にとらわれることではなく

必要なことを、シンプルに書くこと。

短いのと、シンプルなのは、根本的に違います。

文字数にこだわる前に、必要なことがしっかり書けているか?を確認しましょう。

伝わらなければ意味がない!

のです。

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
webと文章のコンサルタント/ホームページのつくりなおし専門家
株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役

ホームページと文章のことなら、まるっとお任せください。伝わるプロフィールや、心に響く文章をあなたに代わって作り上げます。文章指導・添削が得意。運気上げ文章術オンライン講座を開催中。
WordPressテーマ「BRIDGE(TCD049)」

関連記事

  1. 感無量って、どういう意味で、どんなときに使うの?

  2. 危険を知らせるのに、ふさわしい表現方法とは?

  3. サンドイッチの専門店「ファミリー」さんに学ぶ、ターゲットを絞り込み専門…

  4. 個人ブランド。はじめの一歩とは?

  5. 送信者へ、愛が伝わるビジネスメールの書き方

  6. ちょっと待った!メールの返事を催促する前に読んでください

無料メルマガあゆめーる

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿

運気上げ文章術オンライン講座 イブスタ アンダルシア瞳 表現力向上委員会ブログ