【メールの書き方】文字数よりも大事なものは?

こんにちは。長谷川亜由美です。

メールは短ければ短いほどいい。

みたいなことを、たまに見たり聞いたりするんですけど、私は違うと思います。

相手に伝わるように書くために、絶対的に必要な文字数というのは

内容によって違うはずなんです。

短くしよう短くしようと思って、大事なことをけずってしまうのは本末転倒。

必要なことが伝わらず、何度もメールがいったりきたりするのもストレスです。

大事なのは、文字数にとらわれることではなく

必要なことを、シンプルに書くこと。

短いのと、シンプルなのは、根本的に違います。

文字数にこだわる前に、必要なことがしっかり書けているか?を確認しましょう。

伝わらなければ意味がない!

のです。

関連記事

  1. 【メールの書き方】仕事ができない人のメール

  2. 遅咲き過ぎてなにが悪い!吉開りりぃに学ぶ七転び八起き

  3. 「縁(えん)」に隠れたスゴさ

  4. こういう人にも読んで欲しい。前田めぐるさんの『ソーシャルメディアで伝わ…

  5. 私の心を撃ち抜いたお礼状の話

  6. 小川晶子さん著書『文章上達トレーニング45』

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿