セミナー「話す」と「聞く」の極意 5つのL(エル)

こんにちは。長谷川亜由美です。

セミナーは、話す側にも、聞く側にも、意識するといいよという極意がありますので、ご紹介します。

話す側

1)Live (ライブ)

ライブ。

臨場感ですね。

CDやDVDでは味わえないエネルギーを体感してもらえるように

声のトーンや声量、身振り手振りなど意識します。

2)Laugh (ラフ=笑い)

笑いは大事な要素ですね。

笑ったあとに、なるほど~な話をきくと

へぇ~~~っと、深く感心してもらえます。

3)Learning (ラーニング=学び)

参加者の方にとって、必ずなにかひとつでもいいので、即座に学びになる事柄をいれるようにしています。

たくさん詰め込みすぎて、結局なにひとつ身に付かなかった・・・というのでは困ります。

ひとつでもいいから、必ず身につけていただき、即実践できることをいれる。

これだけでも、受講者の満足度は大きく違います。

聞く側

1)Listen

聴く。

「聞こえてくる」ほうの「聞く」ではなく、耳を傾けてきくほうの「聴く」です。

2)Look

見る。

講師の目を見ながら聴くことで、記憶に残りやすくなると思います。

本やCD、DVDなどからでも、得るものは多いです。

このトシになっても勉強になることばかりです。

しかし、セミナーに参加することで(会場にいることで)しか得られないものがありますから

もし機会があれば、積極的に参加してみてほしいですね。

参加するほうも、ただ漠然とそこに「居る」のではなく、目的をもって参加する必要があると思います。

たとえば「今日は、ツイッターの使い方を覚えよう」と思うからこそ

必要な情報が耳に残るわけで

ただ居るだけだと、情報は指をすり抜ける砂のように、こぼれおちてしまいます。

情報の受け皿としての自分を準備することも、大事ですよね。

そのために「聴く」と「見る」は、最低条件だと考えています。

投稿者プロフィール

長谷川亜由美
ホームページのつくりなおし専門家 株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン 代表取締役 表現が不得意な方の言葉にならない思いを言語化するサイト制作とプロフィールの執筆が得意。運気上げ文章術の伝授がマイブーム。

関連記事

  1. シンプルに生きるための3つのガイドライン

  2. 飲食店で、思わず注文したくなるネーミングって?

  3. 重なると読みにくくなる一例 巷で見つけた気持ち悪い文章

  4. 話のわかりにくい人によくある3つの特徴

  5. 間違った自己アピール 名前編

  6. 電話応対は売上を左右する!?

無料メルマガあゆめーる

長谷川さんちのブログ

最近の投稿

表現力向上委員会の投稿