経営者がお金を使わないことは、本当に節約につながっているのでしょうか?

こんにちは。長谷川亜由美です。

起業したてのころは、設備投資やらウェブ制作、広告宣伝等、けっこうお金がかかるものです。

売上が生まれるまえから、必要経費ばかり出て行くのですから、じゅうぶんだと思っていた資本金が、案外簡単に底をついてしまったり。

入金がない以上、流れ出て行くお金にフタをするには、節約しかありません。

そこで

設備投資・・・儲かってからでいいや

ウェブ制作・・・とりあえず自分でつくろう

広告宣伝・・・お金がかからない宣伝方法のセミナーでもいくか

なんて、ことになりがちです。

かくいう私も、ひとつめの会社のときは、似たようなものでした。

必要以上に人件費がかけられないため、生まれたばかりの息子を抱っこしながら、ときには泣かせながら経理をしたり、ときにはおんぶして店番に行ったり。

こういうのって、誰かに支払う「お金」という部分では、たしかに節約できているでしょう。

でも、自分が動く「時間」を、余計ムダにしているんですよね。

だって、私は、経理のプロではないから、当然プロに頼むよりも時間がかかります。

その時間を、育児にまわせたら、もっとアタマのいい子になったかもしれないし、親孝行だって、もっとできたかもしれません。

私の場合、私の本業でないことは、極力周りの協力を得るようにしています。

私にとって苦手なことが、ほかの誰かにとっては得意である。なんてこと、いくらでもあるものですし。

時間。

とくに、経営者本人が動く時間は、お金に換算されない事が多いですが、実は経営者が動くことが、一番経費がかかるんですよ。

だって、一番、お給料もらってますよね?

(いや、自分は社員より給料安いよ、っていう人は、むしろ経営しないほうがいいと思います)

目先の出費額だけを見ていると、将来生み出される時間価値がわからなくなってしまいます。

節約というのは、お金を使わないことではなく、時間を生み出すために、適切なところでお金を使うこと。

決して、無駄遣いとは違います。

私は、そう思っています。

関連投稿

ページ上部へ戻る