10月1日(金)開催の第103回イブスタは、「安心して情報発信したい人のために3つの法律を解説するセミナー」です。

千葉中央勉強会イブスタ

2010年10月に発足し、千葉でもっとも長い歴史のある勉強会です。

※11年分のイブスタ開催記録はこちらから

オンライン受講は定員に達したため、録画受講みのご案内となっています

10月1日(金)開催の第103回イブスタは、「安心して情報発信したい人のために3つの法律を解説するセミナー」です。

こんにちは。長谷川亜由美です。

2021年10月1日(金)第103回 千葉中央勉強会イブスタのお知らせです。

いますぐ申し込まれる方は、こちらへどうぞ

イブスタは、2010年10月1日(金)にスタートしましたので、今回はちょうど12年目となるタイミングです。

これまで、さまざまなテーマで勉強会を開催してきましたが

今回、初登場となるのが

法律の話

です。

え、、、おかたい内容は、、、ちょっとムリ、、、

む、むずかしそう・・・

という、心の声が聞こえてきそうですが、

もしあなたが、次のようなお仕事内容にあてはまるなら、もう少しだけお付き合いください。

  • 美容に関係する仕事
  • エステサロン経営
  • セラピスト
  • 化粧品、サプリメント、健康食品に携わる方
  • 自然派療法、代替医療が売りの方
  • 健康セミナーをしている方
  • ダイエットサポートをしている方
  • ECサイト(ネットショップ)を運営している方
  • Webサイトで、なにかしら募集をしている方
  • Instagramで案件を獲得している方
  • アフィリエイター
  • ブロガー
  • ライター
  • デザイナー
  • 広告業務に携わる方

いかがでしょうか?なにか、あてはまりましたでしょうか。

ひとつでも当てはまっているなら、本セミナーが、あなたのビジネスをより健全化するきっかけとなるはずです。

そして、攻めのための守りを、身につける術もわかるでしょう。

それが、10月1日(金)に開催する

もしかしたら違反しているかも?
安心して情報発信したい人のために3つの法律を解説するセミナー

です。

なぜ、いま法律のセミナーなのか?

2020年。私たちの生活スタイルは、感染症により、一変しましたね。

とくに、人とのコミュニケーションが、対面からオンラインへと、大きく舵取りされたことは、記憶にあたらしいと思います。

このイブスタでさえも、オンライン化したわけですから。

そうなると、いままでよりも活発化するのが、情報発信ではないでしょうか。

もちろん、情報発信自体が目的ではなく「売上に結びつけるための手段のひとつ」として、です。

ブログやSNSをがんばって、商品やサービスを知ってもらうことは、大切な営業であり、宣伝活動。

日々、あなたもいそしんでいると思います。

ネットで気軽に商品やサービスを販売できるインフラも整いました。

実際、コロナ禍も後押しとなり、これまで足を運んでお店に買いに来てくれたお客様が、こぞってインターネットに流れ、通販業界は大盛りあがりです。

うちの年老いた義母でさえも「ネットで買い物してくれる?」と言い出しましたよ、すごい時代です。

ところが。

そんな世間の流れを知ってか知らずか、広告における表現は、厳しく規制されるようになりました。

たとえば、こんな広告、見たことありませんか?

運動せずに3ヶ月でマイナス15kg

飲むだけで脂肪が消える!

手術知らずでガンが治った奇跡のドリンク

私なんか万年ダイエット中ですから、3ヶ月でマイナス15kgなんて広告コピーがあれば、飛びつきたくなります。

しかし、この表現は違法です。

たとえ、あなたの実体験だとしても、これが広告なら、違法なんです。

違法ということは、処罰の対象になりますし、課徴金を支払うことだってあります。

なにより、社会的な制裁を受けるわけですから、顧客からの信頼を一気に失いかねないでしょう。

そんなこと、誰だって、本意ではないですよね。

しかも、2021年8月の法改正によって、インスタグラマーやアフィリエイターも、処罰の対象になりました!

これは大きな大きな改変です。

知らなかった!

では、済まされないのが、法律。

「このくらいなら、見逃してくれるよね」

「私みたいな小さな人間なんて、相手にしないよね」

残念ながら、そんなことないようですよ…

本当に良いものをお客様にお知らせするために、大げさな言い回しや、ウソはダメなんです。

イヤ、本当だとしても書いちゃいけないことがあります。

ちゃんと法律で決まっている表現方法を、いまこそ、確認しましょう!

スモールビジネスに携わる私たちが、いえ、コツコツと情報発信をしていく必要のある私たちだからこそ

最低限知っておきたい法律は、レッドカードが出る前に、学んでおくべきではないでしょうか。

ちゃんと使いこなせば、自分だけでなく、消費者も守ることができます。

それこそが、ビジネスを健全化へと導くはずですから。

今回取り上げる法律は次の3つです

  1. 特定商取引法
  2. 景品表示法
  3. 薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)

※関連して、健康増進法にも触れていただく予定です。

セミナーでわかること

  • 広告の定義とは
  • 何をすると処罰されるのか?
  • なぜ、表現に規制がかかっているのか?
  • やっていいこと、いけないことの区別

など、3つの法律について、100分間お話ししていただきます。その後、質疑応答を行います。

クイズも取り入れていただけるので、楽しく法律を学ぶことができます。

セミナーのゴール

  • 自分たちのWebサイト、SNS、ブログ、広告等での表現方法を見直し、改善のきっかけとなる
  • 知らず識らずの違法行為をなくし、正々堂々と事業ができるベースを作れるようになる

こんな方にぜひ、参加していただきたいです

  • 自分のやり方が正しいのか自信がない方
  • もしかして誇大広告をしているかも?という不安のある方
  • 周囲から「それ、法律違反じゃない?」と指摘されたことのある方
  • 文章がNGなら、話すのはOK?と思っている方
  • どうせ摘発されないでしょ、と思っている方
  • お客様のビフォーアフター、載せても大丈夫か不安な方
  • お客様の声の取り扱いに困っている方
  • webサイトやブログに、効果、効能を掲載している方
  • なにか「逃げ道はあるでしょ?」と思っている方
  • 自分の認識が間違っていないか、確認したい方
  • 安心安全に、広告宣伝をしていきたい方
  • 販促のために、ノベルティを出している方
  • 販促キャンペーンをする予定がある方(またはしている方)
  • webサイトで商品や、サービスを販売している方
  • ご自宅で事業をなさっている方
  • 特定商取引法、景品表示法、薬機法の知識を最新版にアップデートしたい方

講師紹介

稲留 万希子さん
DCアーキテクト株式会社 取締役
薬事法広告研究所 代表
https://www.89ji.com/about/63/

東京理科大学卒業後、大手医薬品卸会社にて医療従事者向けポータルサイトの企画運営に従事。

東洋医学に興味を抱いたことをきっかけに、中医学専門学校にて3年間薬膳料理や漢方について学ぶ。

その間、ヘルスケア分野でのビジネス展開には薬事法を避けて通れない事から、薬事法と広告についても並行して学び、その後、国際中医専門員、漢方薬膳療術師、反射療法師の資格を取得。

2008年3月、薬事法広告研究所の設立に参画、副代表を経て代表に就任。

数々のサイトや広告物を見てきた経験を基に、“ルールを正しく理解し、味方につけることで売上につなげるアドバイス”をモットーとし、薬事広告コンサルタントとして活動中。

日々、大型セミナーから企業内の勉強会まで、年間100本を越える講演をこなす。

稲留万希子氏
稲留万希子先生

よくあるご質問

セミナー当日、先生に直接、質問をすることはできますか?

はい、可能です。質疑応答の時間を設けています。ですが、3つの法律に関連しないご質問の場合、お答えできないこともございます。

資料はいただけますか?

受講後、アンケートにお答えいただいた場合に限り、資料をお配りいたします。ただし、個人での復習を目的としていますので、著作権を侵害する行為は固く禁じます。取り扱いのルールをお守りいただくことが大前提です。

当日の受講ができません。録画を見ることはできますか?

視聴期限(約3週間)はもうけておりますが、録画受講も可能です。ただし、録画受講の場合、質疑応答に参加できませんので、あらかじめご了承ください。

録画受講の場合、後日、質問をすることは可能ですか?

申し訳ございませんが、後日のご質問はお受けいたしかねますので、セミナー開催前にお送りください(申込時またはあとからメールでもけっこうです)。必ずお答えできるとお約束はできませんが、今回取り上げる3つの法律の範囲内の質問であれば、質疑応答のタイミングで主催者が代理で質問させていただきます。

録画はいつからいつまで、どのように見ることができますか?

セミナー開催日の翌日、10月2日(土)に、メールでZoomの録画映像の視聴方法をご案内いたします。視聴期限(約3週間)も、同メールに記載します。

自分の事業が3つの法律に該当しているか、わかりません

どんな業種の方でも、基本的に知っておくと良い内容です。業種に関わらず、ご参加いただけます。

自分は、千葉県外に住んでいますが、参加できますか?

今回、オンラインセミナーですので、居住地にかかわらず、ご参加になれます。中には、海外から受講される方もいらっしゃいます。

募集の概要

もしかしたら違反しているかも?
安心して情報発信したい人のために3つの法律を解説するセミナー

開催日時2021年10月1日(金)19:00~21:00
実施方式オンライン開催のみ ZOOMを使用します
※当日参加できない方には、録画受講があります
定員・開催当日オンライン受講 Zoomミーティングで参加する方 → 20名(満席)
・後日、録画受講 → 無制限
参加費5,500円 税込

 

  • お申し込み後、1週間以内にお支払いください。
  • ご入金順にお席を確保します。
  • 振込先は、ゆうちょ銀行または楽天銀行です。
  • クレジットカード(SquareまたはPayPal)も使えます。
キャンセル料について参加費をお支払い後のキャンセルについて、返金はできません。
あらかじめご了承ください。
イブスタの開催趣旨千葉から情報発信をしたい!
千葉で働く人を、もっと元気にしたい!
千葉ならではの働き方を見つけたい!
そんな思いをもって、ともに成長していく勉強会です。
参加対象者
  • 個人ブランドに、ご興味のある方
  • 社内で「○○と言えば自分!」という、とがった存在になりたい方
  • 同じ志をもった仲間をつくりたい方

ちなみに、主催者や講師と顔見知りの方であれば、千葉につながりがあると思ってOKです!

主催者長谷川亜由美、小林豪志
事務局:千葉市若葉区若松町545-7-2F 株式会社エーアイ・コミュニケーションデザイン内 長谷川亜由美
電話番号:043-377-7576
メール:entry@chiba-branding.com
注意事項申し込み前にお読みください
次に該当する方は、次回からの参加をご遠慮いただくことがございます。

 

  • お申し込み後、指定の期日までにお支払いがない方
  • こちらからお支払いの催促をしても支払いなく、さらに一切連絡のない方
  • なんの連絡もなく、当日お見えにならない方
  • 当日のキャンセルをなさる方(体調不良・ご不幸をのぞく)
  • セクハラや不愉快な言動など、参加者からクレームがあった方

当たり前のことをお願いしているにすぎませんが、ご理解いただけない方は、お申し込みなさらないでください。

お申し込みフォーム

参加規約をご覧のうえ、お申し込みください。

初参加の方のお申し込みはこちら↑から。

2度目以降の方はこちら↑をご利用ください。
入力項目が少なく、短時間で申し込みが完了します。

追伸

実は、主催者である長谷川も小林も、すでに稲留先生のセミナーを受講しています。

そのうえで、絶対にこの先生に登壇いただきたい!という熱意のもとお願いをし、今回の実現となりました。

とくに法律って、士業でもない限り、なかなか勉強する機会もないと思います。

知っていると知らないとでは、大きな差がつくはずですね。

イブスタならではの企画です。

ぜひぜひぜひ、ご参加ください!

左:主催者 小林豪志2010年の写真
右:主催者 長谷川亜由美2010年の写真

千葉中央勉強会イブスタとは

カンタンにわかる、千葉中央勉強会イブスタの歴史
https://lit.link/eveningstudy

千葉中央勉強会イブスタは、こんな思いをもって、はじめました。
↓ ↓ ↓
https://ai-comm.co.jp/chiba-branding.html

10年分の開催記録はこちら
https://ai-comm.co.jp/chiba-branding/results.html

お知らせメールの登録

イブスタの開催告知を、優先的に受け取りたい方は、以下のボタンからご登録ください。